薬を飲む男性と心配する男性
  • ホーム
  • クラミジアの特徴は?症状や感染経路について

クラミジアの特徴は?症状や感染経路について

男女によってクラミジアの症状に多少の違いがあります。
男性の場合は感染すると1週間から2週間ほどでまず尿道炎が起こります。
排尿時に痛みやしみる事、または熱い感覚は炎症を起こしているからです。
発症してから放置しておくとクラミジアは奥へと進行して尿道の1番奥にある前立腺に到達します。

前立腺は精子に栄養を与える大切な臓器であり、病原菌が前立腺に到達するとなかなか治りにくくなります。
抗生物質が治療方法で使用されますが、この抗生物質が届きにくい事が理由です。
前立腺には痛みを感じる神経があまりないので自覚症状が薄いです。
それでも他の部分には痛みを感じる神経があるので、そけい部や内もも等に痛みを発する様になります。

前立腺炎からさらに進行すると、次は睾丸近くまで病原菌がいき副睾丸炎を引き起こします。
副睾丸は普段は場所が触ってもわからないのですが、炎症により腫れると睾丸より大きくなります。
睾丸が腫れたという場合は、一般的に副睾丸が腫れた状態と言え、よく勘違いされる方も多いです。
その状態の場合は睾丸からそけい部にかけて激痛が起こって発熱したりします。
ここまで進行すると不妊症の可能性が非常に高まります。

女性の場合は子宮頚管部粘膜に感染し、痛みを感じる神経が少ないので自覚症状はありません。
女性がクラミジアに感染すると膣内の免疫が低下し、他の病原菌が進行しやすくなります。
それにより性器の臭いがひどかったり痒みを引き起こします。
粘膜が炎症しているので性行時痛もあります。
男性同様に放置していると進行し、卵管炎・腹膜炎の順に炎症を引き起こしていきます。
女性は男性より自覚症状が薄い事が特徴で、反面身体的影響を受けやすいです。

日本で最も多い性病であり、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因菌です。
この性病の感染経路の多くは性行為からです。
空気感染はなく粘膜接触感染が主であり、パートナーから移るのですが見落としがちな感染経路もあります。
それがキスであり、咽頭クラミジアとして発生する事もあります。
またそれに関連した事でオーラルセックスでも感染が確認されています。

クラミジアの感染の有無は検査キットで分かる

クラミジアの感染を疑ったら、速やかに検査をする事が大切です。
放置しておくことで進行していき、重篤な症状を引き起こす可能性があるので早期発見が鍵と言えます。
クラミジアの検査ができる機関は病院・クリニック以外に保健所でもできます。

病院やクリニックでは泌尿器科または婦人科に受診します。
抗原検査と抗体検査があり、主には抗原検査であり現在の状況を検査するものです。
過去の感染状況を知りたい場合は抗体検査を受けます。
抗原検査のみの場合は保険適用で3000円程であり、抗体検査も同じ位です。
両方受ける場合は費用は加算されます。

保健所でも検査が受けられる事はあまり知られてませんが、性病に関する検査は一通り受ける事ができます。
ただし抗原検査のみの所もありますので確認は必要です。
保健所では稀に有料の所もありますが、ほとんどは無料で受ける事ができます。
日時が指定されるので合わせにくいデメリットはありますが、保険ではないので自宅に通知がいったりする事はないです。
忙しくて通院する事ができない場合に活用したいのが通販で購入できる検査キットです。

クラミジアは進行するので早期発見が望ましい性病です。
その為通販の検査キットは自宅で誰にもばれる事無く検査できるので、疑う場合は使用する事が推奨されています。
性器の事は非常にデリケートな問題なので、通院しずらく発見が遅れる事も多いです。
その為検査キットの有用性は高いと言えます。

薬局などでは販売しておらず、医療品専門の通販サイトで購入できます。
勿論大手の通販サイトでも取り扱っています。
抗原検査になり、検査キットを郵送で送るタイプと、自宅で試験できる簡易検査キットがあります。

関連記事